P-COAT

今日から職場復帰

体のダルさ、ハンパじゃないです

まだ完治していないせいか・・・徐々に慣れていかねば・・・







今年はまだあまり着てませんが・・・

b0150195_22593254.jpg


40~50'S US NAVY P-COAT



Pコートは、もともとはイギリス海軍の軍服

ボタンに錨(碇、いかり)マークが入っているのが、その名残

Pコートはダブル前(ダブルブレスト)のコート

左右どちらを前にしてもボタンを留めることができるのが大きな特徴

どこから風が吹いても風がコートの中に入り込まないための配慮

分厚い、目の詰まったメルトンウールを使用しているので異常に重い・・・

肩がこるくらい






ピーコートの語源はどうもオランダ語にあるようで

「pij jekker(ラシャのコート)」という意味らしいです。

「ラシャ」というのは羊の毛を紡いだ糸で織った厚地の毛織物を指す

ということで羊の毛で作ったジャケットがPコートの元々の意味

が・・・

ピーコートは英語で書くとpea coat

「pea」は和訳するとえんどう豆

peaはえんどう豆以外に「錨(イカリ)の爪」という意味もある

イギリス海軍が艦上用の軍服として利用していたことを考えると錨の爪からpeaがきたとしても不思議ではない

でも他にもパイロットコート(pilot coat)の「P」という説や
パシフィック(Pacific)の「P」という説も・・・

この錨の爪という説も後付け的な匂いが・・・



ということでどっちにしろ語源はオランダ語で堅そう・・・






と、アツくなっても意味はない

カッコイイからイイってだけの話







VINTAGEはポケットウォーマーがコーデュロイになっている

b0150195_2312730.jpg


60's辺りからはダブルブレストのボタンも8つだが、この頃は10ボタン

b0150195_23123986.jpg


私は2枚所有しているが、どちらもチンストラップは欠品

1910年代から納入している「NAVAL CLOTHING FACTORY」製

b0150195_23162639.jpg


これ以前のものは刺繍タグになる・・・はず・・・

「MCGINNIS」

マギニスさんが着ていた品のようです

b0150195_23181965.jpg


ステンシルでも誇らしげに「MCGINNIS」



近年、価格高騰が著しく、あまり見かけなくなってきたのも事実

見かけたら買っておきたい品だが、見かけると譲ってしまうのが悲しい性・・・



一番大好きなアウターの中の1つなのは間違いない

US NAVYをサラッとこんな感じで

b0150195_23315898.jpg


「カッコーの巣の上で」みたいにシャンブレーシャツ&ワッチキャップで・・・

ここらへんのコスプレは普通にカッコイイ
[PR]
by yasiyasi5884 | 2011-01-30 23:33 | 古着 vintage ファッション
<< Chinelli~DVS  ferrari >>